2020年5月 3日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(8)


皆さんこんにちは。
ローズガーデン自然生活です。

新型コロナウイルスの影響で自粛が続く中、読書や自宅作業が多くなりますね。
今が頑張りどころです!
良書を読んで楽しい時間を過ごしましょう。

IMG_5157.gif
(195頁)

第八章  カルマヨーガの理想

四つ葉あらゆる宗教に、自由を求めるこの奮闘の現れが見いだされるはずです。それはすべての道徳の、非利己性の基礎であって、人間は彼らの小さな肉体と同一のものであるという考え方を、すてることなのであります。

人が善い働きを、他者を助けることをしているのを見ると、それはつまり、彼が「私と私のもの」という限定された枠の中に閉じ込められていることができないのだ、ということがわかります。


四つ葉この利己性からの脱出には、限界はありません。倫理学の偉大な体系はことごとく、完全な非利己性が目標である、と説いています。もしある人がこの完全な非利己性を得たとすると、彼はどうなりますか。彼はもはや、ちっぽけな何々さんではありません。彼は無限に拡大されたのです。


四つ葉彼が前に持っていたあの小さな個性は、いまは永久に失われました。彼は無限になったのです。そして、この無限の拡大の成就こそが、実にすべての宗教の目標であり、すべての道徳および哲学の教えの目標なのです。

-------------------------------------------

感想:
本書の中では、無執着、生と死の2元を超えていく説明もありました。この本を通して強さということを学びました。本当に強い人とは、まさしく生と死を超えた人なのでしょう。

さてカルマヨーガは今日で最終回です。
カルマヨーガは美しい文章と言霊が溢れており、このブログでお伝えしきれなかったのが残念です。。。機会があればぜひ一度手に取って頂きますようおすすめいたします。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

キルギスの風景
Attachment-1.jpeg

2020年4月19日

『たくましく生きる』

(↑ このタイトル可笑しいでしょう。)


こんにちは。今年は、いつもなら外出が楽しい時期なのに、少し寂しいですね。今月はカルマヨーガはお休みして、外出が出来ない分、ビタミンCが豊富なフルーツジュースを作って春の到来を満喫していました。


hanajuice1.jpg


不幸なニュースが増える中、コロナの危機を乗り越えるために、たくましく生きないとなりませんね。

気力で負けてはならないし。

大切な家族や仲間を残して、

まだ死ねないのではありませんか。

どうせ倒れるなら前倒れ。


ちなみに、昨日は私は、豪雨が止んでから、いつもの葛西臨海公園をランニングをしてきました。「今年はキリマンジャロ山に行きたかったのに」と思いつつ。


ランニング中は暑くて暑くてー。

半袖は私だけだわ!!


このブログを見て下さる方も、負けないで!!


あ、最近気に入っているのがキリンのプラズマ乳酸菌1000億個です。1000億個ってかなりの量で、それで100均にありますからかなりお得だし、身体に良いし。キリンさん、販売中止にしないで下さい。

n1000.jpg


レシピ:半分に切ったイチゴを軽くつぶして、mixジュースをかけるだけ。
ビタミンが沢山取れてヘルシーです。

ichigo.jpg
mixj.jpg

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。
時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda


2020年3月 8日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(7)


皆さんこんにちは。
ローズガーデン自然生活です。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く終息するよう心よりお祈り申し上げます。

さて今月もヴィヴェーカナンダ師の書籍を、引き続き読み進めていきます。(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です。ギャーナヨーガは、「知識のヨーガ」と呼ばれ、なかなか含蓄があり面白い内容です。)

IMG_5157.gif
(170-171ページ)

第七章 自由
 四つ葉カルマヨーガとは何でしょうか。働きの秘訣の知識です。われわれは全宇宙が働いているのを見ます。何のためにですか。救われるために、自由を得んがために、原子から最高の生きものに至るまでがこの唯一の目的ーー心の、肉体の、霊の自由ーーのために働いているのです。すべてのものは、束縛から逃げ去って自由を得よう、と努めています。太陽、月、地球、もろもろの遊星、すべてが、束縛から逃げ去ろうと努めています。

 四つ葉自然界の遠心力と求心力は、われわれの宇宙の性質を実によく象徴しています。この宇宙で小突きまわされ、長いことかかって打ちのめされたあとでようやくもの事の真相を知る、という代わりに、われわれはカルマヨーガから、働きの秘密を、働く方法、働きの組織力を学びます。もし活用の方法を知らなかったら、われわれは莫大な量のエネルギーを浪費することになるでしょう。カルマ・ヨーガは、働きの科学をつくっています。皆さんはそこから、この世界のすべての働きをどのように最もよく活用するか、を学ぶのです。

 四つ葉働きは避けることのできないものです。これはそうある他はありません。しかしわれわれは、最高の目標に向かって働かなければなりません。カルマヨーガはわれわれに、この世界は五分間の世界である、ということを、それはわれわれが通り過ぎなければならないものなのであるということを、そして自由はここにはない、ここを超えたところに見いだされるのだ、ということを、認めさせます。この世界の束縛を脱する道を見いだすためには、それをゆっくりと、しかも確実に、通り抜けなければならないのです。

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。*
感想:
本の中で「この世は五分の世界」という表現があります。地上の生命は、浦島太郎の物語のようにはかないとうことなのでしょう。さすれば、仕事や人間関係、学力、豊かさで他者と比較したり、自分の幸せに一喜一憂したりする事はいかに虚しいことなのでしょうか。
新型コロナウイルス、経済不況、このような束縛の多い世界から、解き放たれる方法を、生きているうちに学びたいですね。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。
時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

golden-temple-397886_960_720.jpg

2020年2月 9日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(6)


皆さんこんにちは。o(*^▽^*)o~♪
ローズガーデン自然生活です。
ヴィヴェーカナンダ師の書籍を引き続き読み進めていきます。(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です)

(P161-P162)

IMG_5157.gif
🍀彼らによると、われわれの法則の観念はすべて、連想から来ています。一連の現象は、われわれの心の中にあるものとある種の決まった順序で結びつけられ、いつでも、われわれの知覚するものは何でも、直ちに心中の別の事実と関係づけられます。どんなものであれ一つの観念は、すなわちわれわれの心理学によりますとチッタという心の質料に起こった一つの波は、常に必ず、多くの類似の波を引き起こします。これが、連想というものの心理学上の解釈でありまして、因果律は、この壮大な、普遍的な連想の原理の単なる一面に過ぎません。

🍀この連想の普及性が、サンスクリットでヴィヤープティと呼ばれているものなのです。外部の世界での法則の観念は、内なる世界におけるものと同じです。ある特定の現象には必ずあるもう一つの現象がつづき、この連続は繰り返される、という期待です。ですからほんとうのことを言うと、法則は自然界に存在するのではありません。

🍀引力は地球の内部に存在する、とか、法則というものは自然界のどこかに客観的に存在する、などと言うのは間違いなのです。法則は、それによってわれわれが一連の現象を把握する、方法です。様式です。それはすべて、心の中にあるのです。ある現象が、相ついで起こるかまたは同時に起こり、やがてこの組み合わせは正確に繰り返される、という確信ができ、こうしてわれわれの心がこの連鎖全体の形を把握すると、そこに、われわれが法則と呼ぶものが構成されるのです。


*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。*
感想:
私自身時折、地球を卒業して宇宙に飛び立ちたくなる衝動にかられますが、そのような法則は果たしてあるのでしょうか。
この文章を読んで気づいたのは、大宇宙の法則は心の法則であって、しかしながらそれを獲得するのは大自然に住むことでも、月に移住することでも、もしくは宇宙人を呼び寄せることでもないということでした。なかなか覚醒は厳しいですね。。。

カルマの法則は宇宙全体に働いており、そして原因結果の連鎖が人生の姿であることが分かりました。 一体私たちはカルマを超えていくために、未来にどのような種を蒔けば良いのでしょうか。


☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

IMG_5158.JPG

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(5)


皆さんこんにちは。o(*^▽^*)o~♪
ローズガーデン自然生活です
新型肺炎の大流行で巷はマスク着用の人が増えていますね。私たちの意識が変わることで、この地球もより住みやすく、浄化された磁場になると思われます。
さて途中となっていましたヴィヴェーカナンダ師の書籍を、引き続き読み進めていきます。
(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です)

IMG_5157.gif

(160-0161ページ)
🍀カルマという言葉は働きという意味に加えて、心理学上、原因作用という意味も含んでいます。結果を生じる働き、活動、思いはことごとく、カルマと呼ばれるのです。ですからカルマの法則というのは因果律、避けることのできない、原因と結果の法則という意味です。原因のあるところには必ず、結果が生まれなければなりません。この必然性に抵抗することはできないのです。

🍀そしてこのカルマの法則は、われわれの哲学に従うと、全宇宙にはたらいているものです。われわれが見たり感じたり行ったりすることはことごとく、宇宙間至るところの活動はことごとく、一方では過去の働きの結果であると同時に、他方では今度は原因となって、それ自体の結果を生みます。

🍀これと同時に、「法則」という言葉はどういう意味であるか、考える必要があります。
法則とは、ある一続きがそれ自身をくり返す傾向です。一つのできごとに別のできごとがつづいたり、ときには一つのできごとがもう一つのできごとと同時に起こったりしますと、われわれはこの連続または共在がまた起こることを予期します。ニヤーヤ学派の論理学者や哲学者たちは、この法則をヴィヤープティという名で呼んでいます。


☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

IMG_5159.JPG

2020年1月 1日

エジプトのスィーツ『バクラヴァ』


新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

エジプトのスィーツ『バクラヴァ』をご紹介させていただきます。

37d5a88763368bc35c65ed2eda9eee09_s.jpg

バクラヴァは、中東、トルコ、ギリシャ、エジプトで人気のある甘いお菓子です。
ただ中東のお菓子はどれもすごく甘いので食べすぎに注意。

クルミ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどなど好みのナッツ類をくるんで、焼き上げてから濃いシロップをかけます。今回は超お手軽レシピですから、あっという間にできてしまいます。

本場のバクラヴァは手がかかるそうで、オスマントルコ時代のスルタンが、バクラヴァの作り方を料理人に競わせたという話を聞いたことがあります。

こんなお菓子を見ていると、思わずエジプトやアフリカの歴史に思いを馳せてしまいますね ♬♬♬

最後のシロップが大事なので、必ずあつあつのパイにかけて召し上がれ(^^♪)

bacrawa.jpg
なかなか美味。

【材料】
パイシート (なければ春巻きの皮)
くるみ適量
ピスタチオ適量
アーモンド適量
パンプキンシード適量
(その他好みのナッツ)
油約250ml

シロップ
(ハチミツで代用可能)
砂糖4カップ
レモン汁(あれば)4,5滴

【作り方】
春巻きを四等分に切り、中にナッツ類を置きます。
baku1.jpg

四角形に包んで、油で黄金色になるまで揚げます。

最後にシロップもしくはハチミツをかけます。
好みで餡子を入れてもおいしいと思います。


ః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳

昨年中国~チベット~ネパールを旅した時の写真集です。
(順次アップしております)

Tibet Nepal Photo Free Download

ః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳✧ంః◌꙳

2019年10月27日

チベット・ネパール旅行記 10-11日目 ~ネパール・ヒマラヤ 『武器よさらば』~

武器よさらば
それにしてもネパールはまだまだ貧しい。
カトマンズで大規模な建物を上海の建築会社に依頼している敷地がありました。すいぶん巨大な建築物だけど、上海の建築会社ではなく、ネパールの会社に頼めば良いのにー。

タメル地区は買い物天国。まるで夢の国。
カトマンズのタメル地区にはトレッキングの為のリュックサックやらダウンジャケットやら、スポーツ用品店が沢山あります。バックパッカーにとってもありがたい所でしょう。

アジアではよく五色のタルチョがあちこちで見られます。
このタルチョには有難い経文がかかれています。
これは日本で販売しようと思ってお土産に買いました。
tarucho.jpg

◎タルチョ 五色旗の解説
五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順に決まっており、それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現する。タルチョ、タルチョク、マニ旗、ルンタ、すなわち風馬旗とも言う。風の馬が描かれている場合にルンタと特に呼ばれ、仏法が風に乗って拡がるよう願いが込められている。経文が書かれている場合は風に靡くたびに読経したことになる。

ちなみに、カトマンズは食べたいものは何でもあります。エスニック料理屋や、日本料理、中華、ハンバーガー屋、チベット料理屋などなど。私はタルバールよりチベット料理が気に入りました。


天然石屋さん
本場のヒマラヤ水晶が手頃な値段で手に入ります。



ネパール仏具屋さん
個人的には大好きな世界です。
bukkyou.jpg



パシュミナストール
パシュミナはヒマラヤの高山にしか住めない真っ白いヤギみたいな動物の毛です。肌触りがとてもよいです。こちらも何色か仕入れてきました。
pashumina.jpg


密教グッズ、お面屋さん
日本では珍しい密教法具。金剛杵、摩尼車。
摩尼車の中には経文が入っています。
kamen.jpg



楽器屋さん
どんな音色なのでしょうね?なかなかお洒落です。
ongaku.jpg


曼荼羅屋さん
タンカと言って仏画や曼荼羅を描いた商品があります。これはパタンの店ですが、ネパールで定番のお土産です。
tanka.jpg


タメル地区の雑貨ショップを値切りながら買い物が実に楽しいですよ。この国はとにかく
Artistic!
Exciting!
Spiritual!
International !
Enlightenment !

結局北京で使わなかった中国元は、ネパールルピーの買い物に当てました。こんな貧しい国の方の商品を値切るなんて、自分は何て失礼な人間だ!!と思いながら、ついついディスカウント してしまった。

路上で美しい布を売る店があり、値段を伺ったら一枚4000円だと言う。今現金が足りないからさすがに無理と伝えたら、店員の男性が、
「あなたの希望に合わせます。」
って言うのですね。

「現金は千円しか出せないですよ。日本に帰るから。」

そしたらその店員が、
「最終的に千円でいいから、この布を買ってちょうだい。お願いだから買ってちょうだい」って、悲痛な目をするのですね。

「こんなにディスカウントさせた私は、今となってみればいずれ間違いなく天罰が下ることだろう!!本当にイヤな買い物をしてしまった...」
心の中は罪悪感でいっぱいになりました。

ネパールで購入した密教グッズは販売許可を頂きましたので、ミルキーウェイパワーストーンで販売させて頂きます(^^♪

nuno.jpg

ネパールに来て自分のエネルギーが、少し穏やかな性格に変わったのが分かった。ネパールの方は穏やかな人ばかりでしたから。
もしかしたら自力で困難だったことをヒマラヤの聖者の方々が後押しして下さったのかもしれない。
だから歴史の中でこのヒマラヤは聖地として数多くの巡礼者が後を絶たないのだろう。
貧しい彼らほど巡礼の価値を知っていることだろう。

武器よさらば
それから、日本に帰って数日経って気づいたのですが、私は目に見えない武器が無くなっていました。どうやらヒマラヤに武器を捨ててきた様なのです。もしかしたら、だんだん戦争の無い世界にいくのかな。
他者を怒らなくても、穏やかに生きて自分の問題を解決できる、それがヒマラヤで気づいた事でした。(日本に帰って元に戻らないようにと思っています。カルマがあるとすぐ元に戻るでしょうから。)

大好きなネパール。まるで夢の国でした。
今度はヒマラヤのトレッキングで来ますから!

(完)

****** ネパールの近代政治 ******

『ミルキーウェイ・パワーストーン』

『ラーラ・ジャパン ~日浦祐次 公式ブログ~』

2019年9月 1日

チベット・ネパール旅行記 9日目 ~ネパール・ヒマラヤ 『武器よさらば』~


武器よさらば
今朝もカトマンズの朝は、ヒンズー教寺院のお香の香りと鐘の音で始まります。

今日は早朝4:00からナガルコット日の出ツアーです。運が良ければ、雲が少なくてヒマラヤが見えるそうです。

ナガルコットは車で4、50分ほど。
若い男の子の運転手と一緒にナガルコットに向かいました。
「ネパールの子はみな小学校に通えるのですか?」
「公立と私立の小学校のどちらかに通っていますよ。」
「この辺の農家の人はレンガを作る仕事をしていますよ。」
そんな話をしながら。
この子は観光ガイドの仕事で、ポカラなどネパールの観光地を毎日車で巡っているそうです。
彼は若いのに随分稼ぎがよさそうですけど。

ナガルコットは死ぬほど寒いかと思ったら、全然そんなことはありませんでした。

焚き火の周りで日の出を待っているところ。
125.JPG
129_nagal2.jpg
ng006.jpg

ナガルコットの丘にある展望台です。天気がよければ見晴らしがよさそう。
ng0004.jpg


ナガルコットに可愛い白い犬がヨロヨロ暮らしています。この子は、タイガーに首を噛まれて大怪我をしたそうで、首の周りに傷痕があります。少し人見知りですが弱弱しくてかわいいです。
この子はヒマラヤが癒されるのね。
130.JPG

今日は有名な憲武ハウスのご主人にもお会いできました。この憲武ハウスのご主人はとんねるずの憲武にそっくりでヒマラヤで有名な宿を経営されています。
残念ながらナガルコットの丘まで登ると、まだ雲が分厚く、ヒマラヤは薄っすらとしか見えません。
このツアーははっきり言って胡散臭いことが分かった(笑)
0003.jpg
128_nagal3.jpg

それでもナガルコットの空気の清涼感は素晴らしい!
何の混じり気も、汚染もない綺麗な空気です。
このヒマラヤの空気を日本の皆さんにお届けしたいです。

今度ヒマラヤに来る時は、
トレッキングとベースキャンプで来るからねーー(^_^)v
109_npshop.jpg
123_nepal2.jpg

さていよいよ日本に帰国しないといけませんから、お土産を探さないとー。
この通りカトマンズはカード決済も両替も充実しています。
あとネパール語ができなくても、英会話ができればなんとか可能です。
私はこちらの生活がすっかり気に入ってしまい日本に帰りたくありませんでした。

ヒマラヤにきて「武器よさらば」を生悟った?ことは次回お話ししますね

『ラーラ・ジャパン ~日浦祐次 公式ブログ~』

2019年8月11日

チベット・ネパール旅行記 8日目~カトマンズ 『こんな楽しい街は初めて♪ 』~

『こんな楽しい街は初めて♪ 』

今朝もカトマンズの朝は、ヒンズー教寺院のお香の香りと鐘の音で始まります。
出かける前にコーヒーショップでケーキの朝食。現金不足はつらいです。

132.JPG

ネパールに来て思った事ですが、ネパールの方は皆穏やかで親切なのですね。
しかもネパールの人はとても人なつっこいです。
穏やかな性格には穏やかな人が集まるのかもしれません。

ナマステ♪
こちらはお互い明るく挨拶をします。

蒔いたエネルギーは他の世界から自分に返ってくるのかな。良い種も悪い種も。ネパールはそんなところ。

今日は今から有名なパタンのタルバール広場に行きまーす。

・Three Goddess Temple(3人の女神の寺院)
パタンに行く前に宿から少し歩いた所に、ヒンズー教の寺院があるので、中に入ってみました。
通りがかりの方が、この寺院は「Three Goddess Temple(3人の女神の寺院)」だと教えてくれました。
LLSB1291000.jpg
106000.jpg
確かに寺院が三つあります。ガネーシャはあちこちにいるし、リンガもよく祀られている。

またマイクロバスでパタンに向かいます。楽しみだなー。
108000.jpg

パタン・ダルバール広場 (Durbar Square)
パタンの素晴らしさは百聞は一見にしかず。
石で作られた王宮の建築の壁に、美しくあしらわれた模様の素晴らしいこと!

歴史について少々。かつてネパールはマッラ王が築いた王制が栄え、西洋建築に負けずとも劣らない王宮建築が築かれました。しかしながら近代、ナラヤンヒティ事件をきっかけに王制がマオイズム(毛沢東主義)により倒されてしまい、ネパールは共和制になりました。マオイズムの方がよっぽど暴力的なのですが。

パタンに向かう途中。座って穀物や野菜を売る女性たち。
nepalladies.gif
110.JPG

地震のため修復中です。
111.JPG

見事なゴールデンテンプル。
118000.jpg

119000.jpg

パタンの文化を築いたマッラ王です。
王制を築いたマッラを私は尊敬しています。
TSQW0186.JPG

ネパールは地震が多いと、建物が破壊され、観光客が減ってしまいます。
因みにエベレストの登山許可証の発行代は120万円だとか。これらは全て貧しいネパールの重要な観光収入なのです。

ネパールでは赤が高貴な色とされています。人々は神像に赤の色粉を塗りつけたり,その色粉に触れて自分の眉間にぬって吉祥の印をいただきます。 
041yuu.gif

パタンの王宮の中に美術館があります。ここは写真撮影OKです。数多くの仏たちが陳列されています。
112_patan.jpg

これはネパールの戦士(ネパリ)だそうです。
037_patan.jpg
※他の写真はチベット・ネパール フリーダウンロードをご覧下さい。

・スワヤンブナート(Swayambhunath)
凄まじい量の石の階段を登ると世界遺産のストゥーパ、スワヤンブナートがみえてきます。
噂通り猿たちがたくさんいます。
突然の豪雨に見舞われたので、しかたなく寺院の中で雨宿りをしました。
石段は登るのが大変だし、豪雨だし、スワヤンブナートは、かなりハードタイムでした。
WCPL6519000.jpg
122000.jpg
121.JPG

夕方はチベット料理屋
「Norling Tibetan Restaurant」
で夕食。安いくてボリュームが多い庶民的なお店。
チベット密教僧の方たちが食事をされていました。

・トゥクパ  肉いり煮込み麺
・チベット茶
DHWM7522.JPG

トゥクパは、ヤクのお肉が入った煮込みうどん。
チベット茶はミルクティーみたいな味です。

ネパールは買い物も便利だし、物価も安いしとても良い所です。今日も夜中中音楽が流れて、タメル地区はお祭りみたいでしたよ。



『ラーラ・ジャパン ~日浦祐次 公式ブログ~』

2019年7月23日

チベット・ネパール旅行記 7日目~カトマンズ 『こんな楽しい街は初めて♪ 』~

『こんな楽しい街は初めて♪ 』

カトマンズの朝は今日もヒンズー教寺院のお香の香りが立ち込めて、辺り一面良い香りがします。
tmpl1s.jpg

タメル地区にチーズやヨーグルト、Yak milk、Cow milk、バターを売っている店がありました。ヨーグルトは日本と全く同じ味です。たしか25ルピーぐらいです。
ヨーグルトは日本と同じ味がします。
yglt.jpg
yglt2s.jpg

今日はマイクロバスでカトマンズの市内を観光しまーす。

・ガーデンオブドリームズ
まずガーデンオブドリームズですが、略して「夢の庭園」英国風庭園だそうです。ネパールを支配していた 宰相ラナ家の豪邸だったらしく、この庭園もラナ家のものです。
入園料はネパール人80ルピー、外国人160ルピー。
gdn1s.jpg

garden2s.jpg


・ボーダーナート
マイクロバスで40分くらいでボーダーナートに着きました。ここはチベット仏教の聖地で巨大なストゥーパがあります。まるで巡礼をするように、ストゥーパの周りを歩いて頂上を目指します。
BCUE1956.JPG
何か堂々として、達観したようなストゥーパの姿に癒されます。

ボーダーナートの周辺には珍しい仏教宝具や雑貨屋さんがあります。寺院の美しさに圧倒されます。
JQDF1068.JPG

border01s.jpg

野良犬が沢山寝転がっていました。カトマンズはとにかく野良犬が多いです。人の往来を気にせずスヤスヤ寝ています。
dog3s.jpg

帰りがけ突然子牛が出てきて可愛いかった♥️触っても逃げない大人しい仔牛でした。
cowS.jpg

凄まじいバイクと車と粉塵の量。マイクロバスを捕まえてカトマンズに帰りました。
097.JPG

タルバールに行く途中のインドラチョーク、アサンチョーク、アンナプルナ寺院(Annapurna Temple)付近。「チョーク」はネパール語で交差点という意味です。
annaplnas.jpg

この辺りも人、人、人。お香屋さんやを民族衣装屋さんが沢山あります。
周りには真鍮製の食器屋があり、よくカレーを盛るお皿などがあります。
PWFT6486.JPG

・タルバール広場(tarbar square)
カトマンズのタルバール広場。いわゆる中庭のある歴史的な王宮広場。本当はここが有名なのですが、外国人料金が1000ルピーだそう。くだんの理由で、現金不足のため今回はパスになってしまった。
IQNC4027000.jpg

タルバール広場の近くでランチ。今日は随分歩き回りました。。疲れたー。
モモと鳥のカツ。
モモは日本で言うギョウザみたいなものです。

店はスカスカで人がいない。15分ほどボーッとしてたらスタッフが慌てて出て来ました。
チリのモモはお腹が空いていたので助かりました。
BELU4335.JPG

ところでカトマンズは夜中中音楽が流れて、じつに賑やかな夜なのですよ。
ヒンズー教寺院が街中に沢山あり、お香を焚きロウソクが灯っています。女性の多くは色とりどりのサリーを着ています。品があって綺麗な衣装です。お土産には民族衣装のスカーフなんかももいいでしょうね。

※他の写真はチベット・ネパール フリーダウンロードをご覧下さい。


『ラーラ・ジャパン ~日浦祐次 公式ブログ~』