2020年9月 2日

名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(4)

narenddra.PNG

こんにちは。ローズガーデン自然生活です。

今年は夏祭りの御神輿も花火も無く少々寂しい夏となりました。COVID-19がもたらした禍は世の中の経済活動や社会活動、娯楽を一気に鎮静化させてしまいました。

来年は楽しい夏が復活しますよう今は辛抱しましょう!

引き続き、ギャーナヨーガ(知性のヨーガ)を読み進めて参ります。


『ギャーナヨーガ』

第1章 人間の本性 (P.45)

『私は彼である』

四つ葉... われわれは、自分がうちに持っているものを外に見るのです。赤ん坊は、うちにどろぼうを持っていないから、外にどろぼうを見ません。すべての知識がそうです。世界の悪とそれのすべての罪のことをはなしなさるな。自分がまだ悪を見なければならないことを、お泣きなさい。自分がいたるところに罪を見なければならないことを、お泣きなさい。そしてもし世をたすけたいと思うなら、それをとがめてはいけません。それを、それ以上よわくしてはいけません。なぜなら、何が罪なのでしょう、何が不卒で、何がこれらすべてのものなのでしょう。よわさの結果以外の何ものでもありません。


四つ葉... 世界はそのようなおしえによって日ましに弱体化されつつあるのです。人びとは子供時代から、彼らはよわくて罪びとである、とおしえられています。彼らに、彼らはすべて、この上もなくよわい者のように見えている者たちさえも、栄光にみちた不死の子なのである、ということをお教えなさい。ごく小さな子供のときから、積極的な、つよい、たすけになる思想を彼らの頭脳にそそぎこむようになさい。みなさん自身、人をよわめ、まひさせるようなものでない、右のような思想を十分にとりいれるようになさい。


四つ葉... みなさん自身の心にむかって、「私は彼である、私は彼である」とおっしゃい。うたのように、それを夜昼心の中にひびかせなさい。そして死のときには、「私は彼である」と宣言なさい。それが真理です。世界の無限の力はみなさんのものです。みなさんの心をおおっていた迷信を、おいはらいなさい。勇敢になろうではありませんか。真理を知り、真理を実践せよ。ゴールは遠いかもしれない、しかしめざめ、たちあがり、ゴールに達するまでとまるな。


**************************************

「赤ん坊は、うちにどろぼうを持っていないから、外にどろぼうを見ません。」というご説明がありました。
大人になってから、一度作ってしまった「内なるどろぼう」は、果たして、どのようにすれば消えるのでしょう。それを悟らなければ人生は苦しみの連鎖のように見えます。
「私は彼である、私は彼である」、これは覚醒に向かうための永遠のテーマです。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda


癒しのハワイ
1130738_s.gif1130739_s.gif

2020年8月10日

名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(3)

IMG_5510.JPG

こんにちは。ローズガーデン自然生活です。

私の家には風鈴がありませんが、クーラーの前に、アメリカのセドナで買ったウインドチャイムを下げています。
ウィンドチャイムの鐘の音が、風鈴の代わりです。
不思議なことにウィンドチャイムは、何か幸せなことあるときれいな音色で響きだします。部屋の中でのお気に入りアイテムの一つです。


さて引き続き、ギャーナヨーガ(知性のヨーガ)を読み進めて参ります。今回は自己犠牲について説かれています。

名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(3)
第1章 人間の本性

(P.40)
四つ葉...もっとも無情なハートも、ときどき他の生きものへの同情を感じます。この見せかけの個人性は実は妄想である、この見えているだけの個人性にしがみつくのはいやしいことである、などときかされるとおそれる人、まさにその人がみなさんに、極度の自己犠牲がすべての道徳の中心である、と言うでしょう。では何が完全な自己犠牲なのですか。


四つ葉...それはこの目に見えている自己の放棄、すべての利己性の放棄のことです。この「私に」と「私の」という観念、すなわちアハンカーラとママターは過去の迷信の結果であって、このいまの自己が消えてしまえばしまうほど、真の自己がはっきりとあらわれてきます。これがほんとうの自己放棄、すべての道徳上の教えの中心であり、根底であり、要点なのであります。そして、人がそれを知る知らぬにはかかわらず、全世界は大なり小なりそれを実践しつつ、ゆっくりとそれにむかってすすんでいます。


四つ葉...ただ、人類の大多数は、それを無意識のうちにおこなっています。彼らにそれを、意識しておこなわせよ。この、「私に」と「私の」は、真の自己ではなく、一つの限定にすぎないのだ、ということを知りつつ、犠牲をささげるがよい。しかし背後にある、かの無限の実在の片鱗――すべてである、かの無限の火の一つの火花がつまり、そこにあらわれている人なのです。無限者が彼の本性なのです。

**************************************

自己犠牲についての説明がありましたが、果たして自己犠牲というのは不幸で苦悩なことなのでしょうか。ここで説かれている自己犠牲はキリスト教の自己犠牲と少し違うように思います。
真の自己犠牲は、真の自己が現れる過程と言えるでしょう。
感覚の中に本当の幸福はあり得ず、ただしい霊の知識によって導かれるのだと言えるでしょう。
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

天国のようなハワイのホノルルの風景
IMG_6107.JPG

2020年7月 2日

名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(2)

IMG_5510.JPG

皆さま、こんにちは。
ローズガーデン自然生活です。

引き続き、ギャーナヨーガ(知性のヨーガ)を読み進めて参ります。

この本は極めて難解ですが、随所に美しい言霊がちりばめられています。
この書を通して、生きる指針が得られた人は、私だけではないでしょう。


名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(2)
第1章 人間の本性

(P.37-38)
四つ葉... われわれはまだ個人ではありません。個人性を得ようと苦闘しているところです。そしてそれは無限者であり、それが人の本性なのです。彼その生命が全宇宙にある者だけが生きます。そして自分の生命を限定されたものに集中すればするほど、われわれはよりすみやかに死にむかいます。

四つ葉.. 自分の生命が宇宙に、他者の中にある瞬間だけ、われわれは生きるのです。この小さな生命を生きることは死です、まさに死です。それだから、死の恐怖がくるのです。死の恐怖は、人が、この宇宙間に一つの生命があるかぎりは、自分は生きているのだ、と悟るときにはじめて、克服されます。 

四つ葉...  彼が、「私はあらゆるものの中に、あらゆる人の中にいる、私はすべての生命の中にいる、私は宇宙である」と言うことができるとき、そのときにはじめて、無恐怖の状態はくるのです。不断にかわりつつあるものの中に不死性を語るのは、不条理です。昔のあるサンスクリットの哲学者はこう言っています、「個体と言えるのは霊だけである、なぜならそれは無限であるから」と。無限はわけることはできせん。無限はこなごなにすることはできません。それは同一のもの、永遠に不可分の単一体です。そしてこれが、個人、真人なのです。あらわれている人は単に、超越しているこの個体を、表現しようとする苦闘にほかなりません。

**************************************

本書によれば、

「自分の生命を限定されたものに集中すればするほど、われわれはよりすみやかに死にむかいます。」

とあります。

さらには、

「自分の生命が宇宙に、他者の中にある瞬間だけ、われわれは生きるのです。この小さな生命を生きることは死です、まさに死です。」

と述べられております。

なかなか難しいですね!
人間はつねに生と死の狭間、逆説の中にあるといえるのかもしれません。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda


ウズベキスタン サマルカンド ターコイズブルーの壁

samarkand-350.jpg


2020年6月 7日

名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(1)

IMG_5510.JPG
皆さんこんにちは。
ローズガーデン自然生活です。

今月からギャーナヨーガ(知性のヨーガ)を読み進めて参ります。
この本は知的で哲学的な内容が続きますが、頑張って最後まで読んでみたいと思います。


名著に学ぶ『ギャーナ・ヨーガ 』(1)
第1章 人間の本性
(P.35-36)

四つ葉... このように、人びとが過去とか未来とかを思うのをやめるとき、彼らが肉体という観念をすてるとき わーー肉体は去来する、限定されたものなのですから――そのとき、彼らはもっと高い理想にまでのぼったのです。肉体は、真の人ではありません。心もそうです。心は大きくなったり小さくなったりするのですから。


四つ葉...  ひとり、永遠に生きることができるのは超越した霊です。肉体と心はたえず変化しつつあり、実はその水は不断にかわっているのだけれど、たえ間のない流れという一つのすがたであらわれている川のように、変化にみちた現象の一つづきの、名であるにすぎません。この肉体の一つ一つの微粒子が、不断に変化しつつあるのです。


四つ葉...  何分間もつづけて同一の肉体を持っている人などはいないのですが、それでもわれわれはそれを同一の肉体であると思っているのです。心もそうです。一瞬間それは幸福で、つぎの瞬間には不幸である。一瞬間はつよく、つぎの瞬間にはよわい、たえずかわりつつあるうずまきです。それは、無限なる霊ではあり得ません。変化は、有限なるものの中にだけ、あり得るものです。


-------------------------------------------------------

絶え間ない変化の中で、無限の霊であるには、どのように生きれば良いのでしょうか。それは、肉体という刹那的な感覚を離れた、もっと高い理想に向かっている意識なのでしょう。

「お金があれば幸せだ。」「出世すれば幸せだ。」「褒められれば幸せだ。」「思った通りになれば幸せだ。」
私たちは、何かを貰うと幸せですが、何かを失うと瞬く間に不幸になります。

そして、いつもいつも二極の価値観で揺れています。いつもいつも心は外の刺激で揺れています。

そのような浮き沈みの中で、そして私自身も、大変弱い存在だなとつくづく思います。

ギャーナヨーガは極めて難解ですが、混沌とした心の指針なき時代にヒントを与えてくれます。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

ウズベキスタンの古都 青の都 サマルカンド
samal.jpg

2020年5月 3日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(8)


皆さんこんにちは。
ローズガーデン自然生活です。

新型コロナウイルスの影響で自粛が続く中、読書や自宅作業が多くなりますね。
今が頑張りどころです!
良書を読んで楽しい時間を過ごしましょう。

IMG_5157.gif
(195頁)

第八章  カルマヨーガの理想

四つ葉あらゆる宗教に、自由を求めるこの奮闘の現れが見いだされるはずです。それはすべての道徳の、非利己性の基礎であって、人間は彼らの小さな肉体と同一のものであるという考え方を、すてることなのであります。

人が善い働きを、他者を助けることをしているのを見ると、それはつまり、彼が「私と私のもの」という限定された枠の中に閉じ込められていることができないのだ、ということがわかります。


四つ葉この利己性からの脱出には、限界はありません。倫理学の偉大な体系はことごとく、完全な非利己性が目標である、と説いています。もしある人がこの完全な非利己性を得たとすると、彼はどうなりますか。彼はもはや、ちっぽけな何々さんではありません。彼は無限に拡大されたのです。


四つ葉彼が前に持っていたあの小さな個性は、いまは永久に失われました。彼は無限になったのです。そして、この無限の拡大の成就こそが、実にすべての宗教の目標であり、すべての道徳および哲学の教えの目標なのです。

-------------------------------------------

感想:
本書の中では、無執着、生と死の2元を超えていく説明もありました。この本を通して強さということを学びました。本当に強い人とは、まさしく生と死を超えた人なのでしょう。

さてカルマヨーガは今日で最終回です。
カルマヨーガは美しい文章と言霊が溢れており、このブログでお伝えしきれなかったのが残念です。。。機会があればぜひ一度手に取って頂きますようおすすめいたします。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

キルギスの風景
Attachment-1.jpeg

2020年3月 8日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(7)


皆さんこんにちは。
ローズガーデン自然生活です。
新型コロナウイルスの感染が一日も早く終息するよう心よりお祈り申し上げます。

さて今月もヴィヴェーカナンダ師の書籍を、引き続き読み進めていきます。(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です。ギャーナヨーガは、「知識のヨーガ」と呼ばれ、なかなか含蓄があり面白い内容です。)

IMG_5157.gif
(170-171ページ)

第七章 自由
 四つ葉カルマヨーガとは何でしょうか。働きの秘訣の知識です。われわれは全宇宙が働いているのを見ます。何のためにですか。救われるために、自由を得んがために、原子から最高の生きものに至るまでがこの唯一の目的ーー心の、肉体の、霊の自由ーーのために働いているのです。すべてのものは、束縛から逃げ去って自由を得よう、と努めています。太陽、月、地球、もろもろの遊星、すべてが、束縛から逃げ去ろうと努めています。

 四つ葉自然界の遠心力と求心力は、われわれの宇宙の性質を実によく象徴しています。この宇宙で小突きまわされ、長いことかかって打ちのめされたあとでようやくもの事の真相を知る、という代わりに、われわれはカルマヨーガから、働きの秘密を、働く方法、働きの組織力を学びます。もし活用の方法を知らなかったら、われわれは莫大な量のエネルギーを浪費することになるでしょう。カルマ・ヨーガは、働きの科学をつくっています。皆さんはそこから、この世界のすべての働きをどのように最もよく活用するか、を学ぶのです。

 四つ葉働きは避けることのできないものです。これはそうある他はありません。しかしわれわれは、最高の目標に向かって働かなければなりません。カルマヨーガはわれわれに、この世界は五分間の世界である、ということを、それはわれわれが通り過ぎなければならないものなのであるということを、そして自由はここにはない、ここを超えたところに見いだされるのだ、ということを、認めさせます。この世界の束縛を脱する道を見いだすためには、それをゆっくりと、しかも確実に、通り抜けなければならないのです。

*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。*
感想:
本の中で「この世は五分の世界」という表現があります。地上の生命は、浦島太郎の物語のようにはかないとうことなのでしょう。さすれば、仕事や人間関係、学力、豊かさで他者と比較したり、自分の幸せに一喜一憂したりする事はいかに虚しいことなのでしょうか。
新型コロナウイルス、経済不況、このような束縛の多い世界から、解き放たれる方法を、生きているうちに学びたいですね。

☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

★ローズガーデン自然生活のTwitterがあります。
時事問題などもつぶやいております。
@yuu_oda

golden-temple-397886_960_720.jpg

2020年2月 9日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(6)


皆さんこんにちは。o(*^▽^*)o~♪
ローズガーデン自然生活です。
ヴィヴェーカナンダ師の書籍を引き続き読み進めていきます。(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です)

(P161-P162)

IMG_5157.gif
🍀彼らによると、われわれの法則の観念はすべて、連想から来ています。一連の現象は、われわれの心の中にあるものとある種の決まった順序で結びつけられ、いつでも、われわれの知覚するものは何でも、直ちに心中の別の事実と関係づけられます。どんなものであれ一つの観念は、すなわちわれわれの心理学によりますとチッタという心の質料に起こった一つの波は、常に必ず、多くの類似の波を引き起こします。これが、連想というものの心理学上の解釈でありまして、因果律は、この壮大な、普遍的な連想の原理の単なる一面に過ぎません。

🍀この連想の普及性が、サンスクリットでヴィヤープティと呼ばれているものなのです。外部の世界での法則の観念は、内なる世界におけるものと同じです。ある特定の現象には必ずあるもう一つの現象がつづき、この連続は繰り返される、という期待です。ですからほんとうのことを言うと、法則は自然界に存在するのではありません。

🍀引力は地球の内部に存在する、とか、法則というものは自然界のどこかに客観的に存在する、などと言うのは間違いなのです。法則は、それによってわれわれが一連の現象を把握する、方法です。様式です。それはすべて、心の中にあるのです。ある現象が、相ついで起こるかまたは同時に起こり、やがてこの組み合わせは正確に繰り返される、という確信ができ、こうしてわれわれの心がこの連鎖全体の形を把握すると、そこに、われわれが法則と呼ぶものが構成されるのです。


*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。*
感想:
私自身時折、地球を卒業して宇宙に飛び立ちたくなる衝動にかられますが、そのような法則は果たしてあるのでしょうか。
この文章を読んで気づいたのは、大宇宙の法則は心の法則であって、しかしながらそれを獲得するのは大自然に住むことでも、月に移住することでも、もしくは宇宙人を呼び寄せることでもないということでした。なかなか覚醒は厳しいですね。。。

カルマの法則は宇宙全体に働いており、そして原因結果の連鎖が人生の姿であることが分かりました。 一体私たちはカルマを超えていくために、未来にどのような種を蒔けば良いのでしょうか。


☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

IMG_5158.JPG

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(5)


皆さんこんにちは。o(*^▽^*)o~♪
ローズガーデン自然生活です
新型肺炎の大流行で巷はマスク着用の人が増えていますね。私たちの意識が変わることで、この地球もより住みやすく、浄化された磁場になると思われます。
さて途中となっていましたヴィヴェーカナンダ師の書籍を、引き続き読み進めていきます。
(カルマ・ヨーガの次は、ギャーナ・ヨーガの予定です)

IMG_5157.gif

(160-0161ページ)
🍀カルマという言葉は働きという意味に加えて、心理学上、原因作用という意味も含んでいます。結果を生じる働き、活動、思いはことごとく、カルマと呼ばれるのです。ですからカルマの法則というのは因果律、避けることのできない、原因と結果の法則という意味です。原因のあるところには必ず、結果が生まれなければなりません。この必然性に抵抗することはできないのです。

🍀そしてこのカルマの法則は、われわれの哲学に従うと、全宇宙にはたらいているものです。われわれが見たり感じたり行ったりすることはことごとく、宇宙間至るところの活動はことごとく、一方では過去の働きの結果であると同時に、他方では今度は原因となって、それ自体の結果を生みます。

🍀これと同時に、「法則」という言葉はどういう意味であるか、考える必要があります。
法則とは、ある一続きがそれ自身をくり返す傾向です。一つのできごとに別のできごとがつづいたり、ときには一つのできごとがもう一つのできごとと同時に起こったりしますと、われわれはこの連続または共在がまた起こることを予期します。ニヤーヤ学派の論理学者や哲学者たちは、この法則をヴィヤープティという名で呼んでいます。


☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★
真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次先生の公式ブログ
☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪☆、。・:*:・゜`★

IMG_5159.JPG

2019年4月 7日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(4)

引き続きスワーミー・ヴィヴェーカナンダの名著『カルマ・ヨーガ』(働きのヨーガ)』を学んでいきましょう。


ladakh-2818861_960_720.jpg
ラダック・ザンスカール

『カルマ・ヨーガ』(働きのヨーガ)P71〜P74

三、働きの秘訣

🍀... ですから、「無執着」であれ。ものごとは働かせるがよい。脳の中枢は働かせるがよい。絶えずお働きなさい。しかし波に心を征服させてはいけません。この国のよそ人であるかのように、滞在者であるかのように、お働きなさい。絶えずお働きなさい。しかし自分を縛ってはなりません。しかし自分を縛ってはいけません。束縛は、恐るべきものです。この世は我々のすみかではありません。われわれが通りすぎつつある数多くの段階の中の、一つであるに過ぎないのです。

🍀... この教えの要点は、人は奴隷としてではなく、主人のように働け、というものです。絶えずお働きなさい。しかし奴隷の働きをしてはいけません。

🍀... 人類の99パーセントは奴隷のように働いており、その結果は不幸です。それはすべて利己的な働きです。自由を通して働け!愛を通して働け!

🍀... もしあなたが一人の奴隷を買い、彼を鎖でつないであなたのために働かせるなら、彼はあくせくと働くでしょう。でも心に愛はないでしょう。


*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.
いつも分かち合って、人の為に働けることは幸せですね。私たちの心が自我から解き放たれたら、満たされた愛の心は無限に広がるのでしょう。


真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次師匠の公式ブログ

◎おしらせ
今月末に、中国の西寧市から青蔵鉄道にのりチベットのラサ、ネパールのカトマンズに行って参ります。
帰ってきましたら、ヒマラヤの写真を無料で配布します(^^♪

2019年3月 3日

名著に学ぶ『カルマ・ヨーガ 』(3)

引き続きスワーミー・ヴィヴェーカナンダの名著『カルマ・ヨーガ』(働きのヨーガ)』を学んでいきましょう。
india-1748445_960_720.jpg

『カルマ・ヨーガ』(働きのヨーガ)』 P69

三、働きの秘訣

🍀...  解脱とは、完全な自由のこと、つまり、悪の束縛から解放されると同時に、善の束縛から解放されることなのです。黄金の鎖も鉄の鎖と同様に鎖です。

🍀...  私の手の指にとげが刺さったとします。私はもう一本のとげを持って来て、それをとります。とれたら、とげは二本とも捨てるでしょう。第二のとげをとっておく必要はありません。結局どちらもとげなのです。そのように、悪い傾向は良い傾向によって中和されるべきであり、心に刻まれた悪い印象は、ほとんど消えてしまうか、または弱められて心の片すみに小さくなるまで、良い印象の新しい波によって除かれなけれなりません。

🍀...  しかしそのあとで、善い傾向もまた、征服されなければならないのです。このようにして、「執着している人びと」が、「無執着の人びと」となるのです。


*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.
善のとげは悪のとげを抜くことができました。
しかしながら善のとげと悪のとげ、いずれも最後は無執着によって解放されることが説かれていました。

真のヒーラーへの道、解脱への道を学んでみませんか。
🍀「ラーラ・ジャパン🍀
日浦祐次師匠の公式ブログ


◎おしらせ
来月末に、中国の西寧市から青蔵鉄道にのりチベットのラサ、ネパールのカトマンズに行って参ります。
帰ってきましたら、ヒマラヤの写真を無料で配布します(^^♪