2021年12月 1日

原初の精神 -アフリカ近代史・現代史- セネガル

IMG_8812.PNG
Primordial spirit 
- African modern history / present history - "Senegal"

原初の精神 「セネガル」 

イスラム教ムリッド教団と超能力者アーマド・バンバ


アフリカ大陸の最西端に位置し、サヘル地域に属するイスラム国家です。(サヘル地域とは、サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地域です)

セネガルは国民の95%がムスリムのイスラム教徒です。国名の由来は東と北の国境となるセネガル川にありその名前はウォロフ語で「我々の船」を意味するそうです。

セネガルと言えば、パリ・ダカールラリーのゴールで有名ですが、本当はこの国はかつてフランスの植民地でアフリカ最大の奴隷貿易がさかんな国でした。
この史上最悪、吐き気をもよおす奴隷貿易というものはどのように生まれ、消えていったのでしょうか。

IMG_8813.JPG
首都ダカールのモスク

初めて現在のセネガルに訪れたヨーロッパ人はポルトガル王国の人間で、彼らはセネガルの若者4人を通訳として拉致しました。その後ポルトガルに続いて、オランダ、イギリスが到着。金、象牙や奴隷の交易を目的に海岸地帯の主要都市の奪い合いが始まりました。

1659年にフランス王国がセネガル川の中州にサン・ルイ商館を建設。後述するゴレ島もサン・ルイ、ガンビア川と共にセネガルの悪名高き奴隷貿易の中心になっていきます。


ゴレ島  史上最悪の世界遺産

この島は1848年に奴隷貿易が禁止されるまで、300年以上の間、大西洋奴隷貿易の出発地となっていました。フランスの港湾都市ナントでは1763年から775年の10年余りで、10万人以上の奴隷が売買されたとの記述も見つかっています。ここで親子が離れ離れになり、ヨーロッパやアフリカ周辺の島々に送られたのでした。ゴレ島の館の廊下に並ばされた時、故郷アフリカ、そして家族との永久の別れを意味していたそうです。

senegal-pechlibelle-62964_640.jpg

暗黒の組織  カトリック教会

黒人奴隷たちに対しては、ルイ14世の治世に奴隷に対して悪名高い「黒人法」が適用されました。この法律は黒人奴隷に対する奴隷主の責務をとり決め、奴隷のカトリック改宗の必要性や奴隷主もカトリックであることを規定したほか、残虐な制裁も正当化するもので多くの奴隷が命をおとしたと言われています。

またこの頃から、イスラム教の聖人達がヨーロッパ人に協力する在地の諸王国の奴隷狩りに対して反乱を起こしたが武力鎮圧されました。

セネガルには大きく4つのイスラム神秘主義の、スーフィー教団があります。即ちティッジャーニ―教団、ムリッド教団、カーディリー教団、ライエン教団です。
セネガルの独立の歴史のなかで大きな役割を果たすのが、イスラム神秘主義のムリッド教団です。

Ngor_vu_de_ciel.jpg
ダカールの街

イスラム教神秘主義  ムリッド教団

ムリッド派は19世紀末にアーマド・バンバによって作られました。バンバの元にはかつての王の奴隷、貧民農耕民、為政者が集まり、現代では信徒400万人を超えると言われています。
バンバはイスラムの宗教教義の研究に専念する人でしたが、敬虔な信徒で、神の恩寵を受け奇跡を起こす人であったと言われています。

彼は植民地時代にフランス政府に弾圧され、1895年に ガボンに追放されますが、1902年セネガルに戻り布教活動を再開しました。バンバが流刑地から奇跡的に帰国したことが語られるようになったことで、ますます信仰が高まりました。

IMG_8814.JPG
セネガルの公園

超能力者?アーマド・バンバの教え

重要なのはバンバがガボンから戻った時期から、ムリッド教団はフランスと協調路線に切り替えだしたということです。戦って権力に逆らっても決して良い結果をまねかないことを彼は知っていました。

フランスはイスラームのムリッド教団を通じて農民に商品作物として落花生を栽培させる経済構造を樹立し、土地の所有権を与えたと言われています。

アーマド・バンバの教えは、平和主義、勤勉、そしてマナーの美徳、そして「労働は神への道」ということを強調したと言われ、ピーナッツ畑を熱心に耕し勤勉であったそうです。
今でも彼の肖像画はダカールの街のあちこちに置かれ、セネガルの人々の心の拠り所になっています。

IMG_8442.JPG
アーマド・バンバ

==================
セネガルのムリッド教団の特色については改めて記事を設けます

1960年の独立後、ムリッド教団は独自の農場を基盤に拡大を続け、都市部にさらには海外へとそのネットワークは広がっていきました。
ムリッドは、国境を越えて独自のネットワークを構築し、セネガル国内はもとより、移動先各地にダイラ (Dahira=各地域、職場等て゛結成された信徒組織)を結成し、聖地トゥーバを中心とする宗教ネットワークを構築しています。
==================

IMG_8816.JPG

1854年、軍人ルイ・フェルデルブが商館長である「総督」に就任します。セネガルは奴隷制がストップするかわりにフランス植民地になり、その頃からフェルデルブ総督のイジメが始ります。

彼は36歳の若さで総督になってから民衆蜂起があれば、その村を焼き討ちにしてしまい、反抗する村人を平定してしまいました。そして現地の諸王国を征服し、セネガル川流域をフランスの支配下に置き、商品作物として落花生を栽培させる経済構造を樹立します。

IMG_8815.JPG

さらにフェルデルブはセネガル人を「セネガル歩兵」としてフランスの戦争に動員したり、下級官吏養成学校政策を推し進めてサンルイの発展に貢献しました。

現地黒人が初めて国会議員に選出

1914年には現地黒人が初めて国会議員に選出されました。
1945 年10月に実施された新憲法制定のための国民議会選挙において、フランス市民権を持たないアフリカ人が立候補し投票することができる選挙 区が各植民地に設けられました。

これにより植民地のアフリカ人がフランス本国の国民議会に代表を送ることができたのです。
これはセネガルが自由への道を歩む大きな布石であり、こうして宗主国フランスと少しずつ同じ権利を手にするようになりました。

その後セネガルは300年に渡るフランス植民地を経て、キリスト教大統領サンゴールが選出されるなど、近代化の道を歩みます。

IMG_8821.JPG

セネガルの歴史を見ますと、ムリッド教団が宗主国フランスと協調路線に転じた頃から、彼らは徐々に自由への権利を獲得したことが分かります。

「この暗黒の時代にもし自分が生きていたら、果たしてどう生きただろうか」と自問しますといろいろな答えが返って来ます。
例えば究極の強者の人であって「簡単ですよ、価値観を合わせるのです」といって結論から考えるような方もいます。
然しながら、その時代の価値観に合わせ近代化の道を歩む、という結論に至るまで数多の血と涙があったのです。

親子離散し奴隷になった現実を目の前に、近代化を受け入れるなんて到底難しい。。。

IMG_8817.JPG

余談ですが、今年私が富士山に登る途中、いろんな砂利道や岩場がありましたが、比較的光輝いた明るい岩場を選べば、躓くことなく登れたりしたのを思い出します。
暗黒の時代に、内側に心の支えになったのが、イスラム教神秘主義のムリッド教団の教えであったのです。

(ご感想やご意見があればお気軽にお寄せください)

2021年11月 1日

原初の精神 -アフリカ近代史・現代史- アンゴラ


Angola.svg.png
Primordial spirit 
- African modern history / present history - "Angola"

原初の精神 「アンゴラ」 

長年の独立戦争で疲弊した国

アンゴラ共和国(ポルトガル語: Republica de Angola)、通称アンゴラは、アフリカ南西部に位置する共和制の国家です。

アンゴラは長年ポルトガル植民地でした。1961年から10年以争は、ポルトガルとアンゴラ双方を大きく疲弊させました。

内戦終結後は原油やダイヤモンドなどの豊富な資源を背景に経済発展が見られ、首都ルアンダは大都市化しました。

しかし、20年間以上続いた内戦のために1000万個を超える地雷が未だに埋まっているそうです。
さらに、首都のルアンダでは2009年時点で世界一物価が高いことや、原油価格が下落し、数多くの貧民とスラムを抱えたなど数多くの問題を抱えています。

pexels-andreas-4669487.jpg
Photo by Andreas from Pexels


(以下Wikipedia より) ------

かつてはコンゴに代わって奴隷の供給源になった歴史も

1506年に即位したンジンガ・ムベンバの時代に、コンゴ王国は積極的にポルトガルの文化やキリスト教を採り入れ、ンジンガ・ムベンバは首都ンバンザ・コンゴをポルトガル語のサン・サルヴァドールと改名した。その後、ポルトガル人はコンゴに代わって南のアンゴラを新たな奴隷と、カンバンベに期待されていた銀の供給源と見なし、1575年にアンゴラに到達したパウロ・ディアス・デ・ノヴァイスがポルトガル領アンゴラを、翌1576年にルアンダを建設し、ポルトガルはルアンダを拠点にさらなる奴隷の供給を求めて、さらにアンゴラ内陸部への侵略を行った。

---------

beach-6147406_640.jpg


1961年アンゴラ解放人民運動(MPLA)が、政治犯の解放を求めて首都ルアンダの刑務所を襲撃しアンゴラ独立戦争(ポルトガルの植民地戦争)が始まりました。紆余曲折のすえMPLAは1975年11月11日にルアンダでアンゴラ人民共和国の独立を宣言しました。

しかし独立を果たした後も内戦が続き、以下の3勢力により支配地域が分かれます。

- ソビエト連邦が支援するアンゴラ解放人民運動MPLA
- アメリカ合衆国が支援するUNITA
- 中華人民共和国とフランスが支援するFNLA連合

アンゴラは第2代大統領にMPLAジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスが就任し、社会主義陣営との結び付きを強めMPLAによる一党制を敷きました。

santos.png

中国とアンゴラの関係

冷戦終結後、中国はインフラ整備を行い、アンゴラに対し2007年までに1兆5000億円の資金援助をしました。また、アンゴラは原油の4分の1を中国に輸出しており、最大の輸出先になりました。

また外国企業の進出も盛んであり2004年に中国の政府系金融機関中国輸出入銀行(中国进出口银行)は20億ドルの現金をアンゴラに貸し出しローンはアンゴラのインフラの再建に使われました。

現在では中国はアフリカ諸国に対する債務超過をかかえ、アフリカとの蜜月は終わったという説もあります。

石油産業の支配はアンゴラ政府が所有するコングロマリット、ソナンゴル(Sonangol Group)によって強化されました。

Sonangol_building_-_Luanda.jpg

経済成長を遂げた首都ルアンダ

アンゴラは、ナイジェリアに継ぐ産油国で、世界の石油の50分の1をアンゴラが産油するようになった時期もありました。石油の売上がGDPの3分の1、また輸出額がアンゴラ全体の90%を占めていたそうです。
その石油事業の実権を握ったのが国営の石油会社ソナンゴル(Sonangol Group)でありコングロマリット(同族企業)です。
ソナンゴルはドス・サントス氏の家族と彼の政党の権力者層によって直接的に管理されていました。
ソナンゴルの石油事業がアンゴラの経済成長を大きく支えたことは間違いありません。

アンゴラは「ダイヤモンドの原石のような国」と言われているそうです。ダイヤモンド以外に金、銅、ボーキサイト、鉄鉱石、ウラン等様々な資源が眠っています。

経済成長を遂げた首都ルアンダの海岸線には先進的な都市が広がっています。

children.jpg

■「資源の呪い」とは

ダイヤモンドが取れるのに貧しいのはなぜか?

ここで、少し資源の呪いについて説明します。
「資源の呪い」とは資源の不足が成長を停滞させているのではな く、豊かな資源を抱え込んでしまったことが呪いと なって災いする問題で、1990 年代半ば頃から「資源の呪い(resource curse)」 と呼ばれ、アフリカの抱える問題の一つとなりました。
資源の輸出 比が高い開発途上国で、輸出品への依存度が高いほど1人当たり成長率が低くなるのです。

重要な問題は経済面において石油や鉱物といった特定資源にいつまでも依存することは、国の成長の鈍化と貧困拡大の傾向 を強めるということです。一次産品に頼ることで知的水準も技術力も向上しないのです。このような国家を「レンティア 国家」(もっぱら天然資源等によるレント収入で賄われている国家)といいます。

実際には欧米や中国の資本で鉱産資源の採掘がおこなれ、海外の企業が利益を横取りしています。

そのためにも欧米や中国の企業にいつまでも依存するのではなく、アフリカ独自の企業が中心となっていくことも大切でしょう。

waterfall.jpg

■女性初めてのアフリカ発億万長者も

1979年9月アンゴラ解放人民運動MPLAの代表  ジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントス(ポルトガル語: Jose Eduardo dos Santos)が就任して以来高級官僚、軍司令官、政治経済のトップに様々な利益提供がなされるようになりました。以後、2017年にドス・サントス氏が約40年勤めた大統領を退任するまで彼の長期政権は続きます。

またその間娘イザベラ・ドス・サントス氏はここ数年、40ヵ国以上の国々に異なるセクターで数多くの企業を築き上げつつ、ポルトガルの銀行やケーブルテレビ局の株を積極的に購入し巨額の富を得てアフリカで女性として初めて億万長者にランキングしました。

isabel.png

(しかし租税を回避したり不正蓄財の疑惑で、大統領を引退した父ドスサントス氏の後継者がイザベル氏を解任しました)

アンゴラの物価は以上に高く、海岸沿いのレストランが1人1万円、ホテルが400ドルもしたそうです。
また消費財、生産財すべてが国際価格を上回る値段で取引されて利益も僅かだったそうです。
政府側と反政府側で続いた内戦でインフラである道路、鉄道、工場は破壊され、自分の農地を放棄せざるを得なくなり大量の難民化が起こった為でした。


2021年10月 3日

原初の精神 -アフリカ近代史・現代史-

africa-map.jpg← Freepik - jp.freepik.com によって作成された logo ベクトル

今月よりアフリカ近代史・現代史の連載をお届けします。

Primordial spirit 
- African modern history / present history -

アフリカの文学の子供の絵本の中で、今泉慶一さんの「或る猛獣の運命」にこんな内容がありました。少しだけ内容をご紹介しましょう。

========

セネガル生まれのチーターは、足の鍛錬を怠り、しかも年と共に足の衰えが顕著になりました。大好物のトムソンガゼル (カモシカみたいな動物)  を捕らえられなくなり痩せ細って困っていました。

その時突然黒い雲とともに人間の老人が現れ、チーター語で笑いながら言いました。

「わしはお前みたいなやる気のない奴が好きじゃ。死なせるのは惜しい。そこでどうじゃ、わしに頼んでみないか。」
「お前の肉体を改造することは出来る。つまりパワーアップ、筋肉強化じゃ」

自称万物の創造者の年寄りはチーターに、
「若い頃の最高速度200キロで走れるようにしてやろう」と言ったのです。

IMG_8470.jpg

年寄りは彼の頭に手をやり、「パワーアップ!」と唱えました。すると彼の四肢はみるみる筋肉が盛り上がって来て見違える身体になったのです。

年寄りは石を、トムソンガゼルに変え追いかけるように言いました。怠け者だったチーターはトムソンガゼルを急に追いかけたため、急に足がもつれて転んで、そのまま絶命してしまいました。

ハッハッハ!わしの思う壺じゃ。

その年寄りは神は神でも死神だったのです。

=======

この老いたチーターの物語を読んできっと多くの方が、純粋なチーターを騙して死に追いやった男に憎しみを覚えたでしょう。
歴史はいつも純粋な者を騙して掠奪する、狡猾な策略家が天下をとるように見えます。
果たして純粋な精神が負けるのでしょうか...

■アフリカの抱える問題

アフリカは差別と貧困に耐えつつ粘り強く、着実に自由への道を開いています。むしろアフリカは援助ではなく投資すべき国として中国や欧米諸国が注目しているのです。1970年代に多数の国が欧米諸国から独立を果たし、大きく経済成長を遂げメディアの報道するアフリカとは大きく変わりつつあります。

af-2.png

一方でテロ組織や過激派勢力の影響が根強く、ついこの前もナイジェリアのボコハラムのトップが自爆死し、やっと北アフリカイスラム武装勢力の一つが弱まりつつあります。ナイジェリアはGDPは高いものの石油の利権獲得の盗難や汚職が蔓延し過激派組織の温床になりました。
過激派組織によるテロや掠奪と暴力は現代アフリカにおける根深い問題であり、有名観光地や世界遺産にもかかわらずサヘル地帯は危険地域に指定されているため渡航ができない国々があります。

■世界最悪の現代奴隷大国  モーリタニア

例えばモーリタニアという国は『無給で働く奴隷』が、今だに45000人もいるそうです。(アムネスティインターナショナルの報告書による)
同国は1980年に公式には奴隷制が廃止されました。ただしその後も実態として虐待を伴う奴隷制は続き、無給でなくとも、若干の賃金が与えられているだけとの指摘もあります。
モーリタニアは、全世界の人口の中で奴隷の割合が最も高く人口の20%だそうです。

アフリカの成長は金、ダイヤモンド、石油、鉄鋼、象牙など一次産品に支えられてきたので、「雇用なき成長」であったとも言われています。

IMG_8489.JPG

■マスコミが伝えない超激変のアフリカ

然しながらこの数十年でアフリカ諸国が激変したのも事実です。
ほとんどメディアは成長したアフリカの姿を伝えておらず、今でもアフリカに対し貧困と飢餓に苦しむ画一的イメージを拭えません。
本当の事を言うと、歴史と個性豊かな文化を持つアフリカはユニークでとっても面白い国ばかりです。

af-1.png

<ケニア独立以来最大のインフラ開発プロジェクト>
例えばモンバサ・ナイロビ鉄道ですが港湾都市モンバサから首都ナイロビを経て、マラバを結ぶ840km。

建設資金の9割を中国が出資し、わずか3年半の工事で完成し中国の一帯一路政策の一つと言われています。
インド洋に面したケニアは、まさに東アフリカの貿易と経済の中心であり、その中でもモンバサは東アフリカ最大の貿易港で物流の拠点です。

このケニアを中心鉄道網が完成することで東アフリカは劇的に旅行しやすくなると言われています。バックパッカーの旅行好きには朗報ですね!

af-3.png

■進化した先端技術

近年のアフリカでは、『リープ・フロッグ現象』といい、電気や水の通らないところでスマホ利用の急増に伴うスマホ決済が増えているそうです。
本来なら水道、電気のインフラ整備が先なのですが、スマホの急速な普及で、固定電話やインフラ整備を後押しししている状況だそうです。固定回線の整備を国の隅々に敷くより、スマホをつなぐ設備を作る方が低コストなのです。

サバンナでもスマホ!

このリープ・フロッグ現象によりケニア成人男性の納税率まで上がり、先端技術を使い段階的発展ではなく、一足飛びに発展しました。他にもアフリカ諸国では、Uberやドローンによる移送、大規模ショッピングモールが現れるなど新しい発展の姿が見られます。

IMG_8504.JPG
IMG_8506.JPG

■国立公園(ナショナルパーク)自然保護区

アフリカは広大な国立公園、自然保護区が多数あります。

有名なところですと、
セレンゲティ国立公園、マサイマラ国立公園、アンボセリ国立公園、ナクル湖国立公園、ンゴロンゴロン自然保護区、エトーシャ国立公園、チョベ国立公園などなど。

nu.png

例えばタンザニアのセレンゲティ国立公園の広さは東京圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)を合わせた1万3404km2よりも広い、1万4763km2  ですから、その広さが想像できるでしょう。マサイ語で「果てしなく広い」 という名の通りで、草を求めて毎年数百キロにも及ぶヌーの大移動で有名です。

アフリカの国々の歴史を見ておりますと、もしかしたら自分と縁があるような国があるかもしれません。それでは早速アフリカ独立運動から近代現代の歴史をみていきましょう。来月第一回目は『アンゴラ』です。

現代アフリカを「絶望のアフリカではなく、希望のアフリカ」と伝える人がいましたがまさにその通りです。そこには暗黒の時代と、光り輝きだしたアフリカの両面があると思います。

#アフリカ資源大国 
#アフリカ経済 
#部族対立  
#独立運動  
#フェアトレード  
#アフリカ学校教育 
#資源レント 
#資源の呪い 

---------   この論文を書くにあたり、見えない世界より
多くのインスピレーションを
頂きましたことに深く感謝します