タグ「ネイティブアメリカン」 の検索結果(1/1)

2018年3月25日

アリゾナ州セドナ 『大自然に帰ればいい』 [4]最終回



『rara ブランドジュエリー新作販売のお知らせ』
2018年新作ジュエリーです。マリンブルーの海の上に花星がきらめく優しいデザインです。
 画像をクリック 
top2_rara2018.jpg

エアポートメサ(Airport Mesa)でカルマの解消:
アメリカに来て4日目。今日はセドナのアップダウンで買い物をする予定です。
その前に早朝にチャリを漕いでエアポートメサに向かいました。
Airport RDをひたすら山道をチャリで登ると赤土の山が見えてくる。
エアポートメサはウェストセドナの近のパワースポットですからとても近いのです。

IMG_1577.JPG
IMG_1580.JPG
早朝なのに駐車場にはすでに車がたくさん。朝日が登ると岩場は光に照らされて、辺り一面明るいオレンジカラー。オレンジ色という色は何か生きるパワーがみなぎるものだ。植物はサボテンと乾燥した草花が多く、湿気の多い日本とはまったく違いました。

風がビュービュー吹いて髪が吹っ飛ぶ中エアポートメサの頂上へ。
ここに来た目的は、ちゃんとカルマの解消をするためなのです。朝日に向かって五体投地。額を岩に当ててネイティヴアメリカンだった時代のカルマを解消します!とお願いしてきましたよ。
IMG_1627.JPG

アップタウン(Uptown)
セドナに来た方は、間違いなくアップタウンには感動することでしょう。私は暫くあの街の美しさに熱にうなされそうです。
この芸術性に溢れたストリートにはネイティヴアメリカンの雑貨や天然石、個性溢れるファッションのお店がずらり。ほかにも美術館やテラカパキやメキシカン、アメリカ料理のレストランなど楽しめるスポットがたくさんあります。

IMG_1718.JPG

ボルテックスストーンを買った水晶屋さん。ひんやりして異常に波動がいい
IMG_1703.JPG

バッファローの骨。アメリカ先住民は無駄に動物を殺さず感謝を忘れなかった
IMG_1730.JPG

聖地を守るバードウーマン
IMG_1757.JPG

フクロウ、コヨーテ、トカゲ、精霊ココぺり
(ココペリ (Kokopelli) は、アメリカ・インディアン、ホピ族のカチナ(神・精霊)の1柱。豊穣の神(男神)。ココピラウとも。 笛を吹くことで豊作・子宝・幸運などをもたらす。)IMG_1719.JPG


ダイナミックな色彩の壁画
IMG_1742.JPG


TLAQUEPAQUUE
ARTS AND CRAFTS VILLAGE

高級感のある絨毯やアクセサリー、絵画や装飾品
IMG_1762.JPG

あっという間に大好きになってしまった
セドナのキャラクター達。

精霊ココペリ
ドリームキャッチャー
Wind チャイム
トカゲやカメ、サンダーバード、バタフライ
バッファローの骨
メディスンホイール
メキシコの十字架や太陽
サボテン
セドナボルテックスストーン
トレイル
ブリキの動物たち
イルミネーション
オレンジ色の岩山
ウェストセドナの星空
ネイティヴアメリカンの羽根
原色の絨毯
三角形のテント
ターコイズジュエリー
ピンクジープ



この街は本当に美しかった。
セドナはあっと言う間に日が暮れるので、アップタウンは駆け足で見るのはもったいないですね。
朝早く起きてじっくり周るのが◎です。2日間付き合ってくれたチャリもお疲れ様。

ということで翌日はフェニックスに一泊して日本に帰ったのですが、この街のホテルでもシェパード犬と熱く抱擁。やたら動物たちと仲良くなった旅でした。

アリゾナの大自然でパワーを沢山いただいたら、なぜか時間も空間も超えていくような力がみなぎり、悪い習慣が治って、仕事も勉強もまたがんばろうという気持ちになりました。本当に聖地の精霊たちに感謝しています。

旅に行きたくても経済的な理由や時間の都合でなかなか決心がつかない方が多いでしょう。それでも人生の転機がきたら自ずから巡礼に行きたくなったり、パワースポットでエネルギーをチャージしたり、リセットしたくなることでしょうから、何も人に行け行けと強制する話ではないのですね。

ただここ数年で自分は魂の歴史、地球の古代の歴史を探求したくなりましたので、縁のある土地を出来る限り訪問できることを願っています。

もしかしたら、自分は地球にいつまでもいれるかどうか分かりませんし。。
そのような見えない導きも感じますので、人生の転機がきたら是非皆さんも楽しんできてください。そして幸せになったらそれを分かち合いましょう。

※後日このブログで旅の写真を差し上げます。エネルギーが入っているのか部屋や壁紙に貼ると、とても気分が良いですよ。ご自由にダウンロードしてお使いくださいませ。


2018年2月25日

アリゾナ州セドナ 『大自然に帰ればいい』 [2]



『rara ブランドジュエリー販売のお知らせ』

圧倒的な存在感と高級感でジュエリーの枠を超えたエネルギーを放っています。宇宙の還元法則メビウスを現す「プレーンリング」が大好評です!!
 画像をクリックして詳細をご覧ください。
top3_rara_2.jpg

朝6時に起床。星空の中でハンプトンホテルに向かう。
やはりセドナも冬の朝は寒いっ。
ホテルの前でセドナで有名なピンクジープがツアーのお迎えに来ました。
そういえば、フロントではでっかいワンコがくっついてきて、よくワンコに抱きつかれるようになった。。。やはりワンコ好きのオーラは彼らに伝わるのだろうか。

この写真は、雄大な景色のなかにポツンとある、グランドキャニオンに向かう途中のオールドファッションたっぷりの雑貨屋さん「Double Eagle Trading Company」です。
こんなステキな雑貨屋さんが日本にあったら良いのに!
それにしてもアメリカ先住民の文化は何を観ても癒やされるのはなぜなのでしょう。。


IMG_1291.JPG

グランドキャニオン:
IMG_1306.JPG

このツアーでは、日本人の女の子が参加していてほっとしました。彼女はカナダに留学中で、セドナは10日近く滞在するそうで、英語が見事に聞き取れるそうです。

海外に行きたいと強く願えばいけるでしょう。趣味でも仕事でも勉強でも研究でもいいから、若い人はどんどん世界を知ったほうがよいと思います。

グランドキャニオンビレッジでは、ホピハウスというお土産屋さんに入ってみました。ネイティヴアメリカンの綿織り物やマグカップ、壺やドリームキャッチャーや、ターコイズの銀細工アクセサリーがずらりと並び、とにかくセンスの良さに涙が出そう!

残念ながらここではお土産を買い損ねてしまいましたが、これは日本でも買えたナバホ族の方が制作されたドリームキャッチャーです。インディアンの家には必ずあるそうです。

dr.JPG
なぜか魔力のがあるインディアンのお守り(ナバホ族の製作品)

ドリームキャッチャーについて:
ドリームキャッチャー(英: Dreamcatcher)とは、アメリカインディアンの家には必ずあるお守りで、もともとオジブワ族に伝わる、輪を基にした手作りの装飾品。
クモの巣状の目の粗い網が組み込まれ、羽やビーズなど独特の神聖な小道具で飾られている。伝統的には柳から作られる。
オジブワ族は、ドリームキャッチャーは夢を変える力を持つと信じており、「悪夢は網目に引っかかったまま夜明けと共に消え去り、良い夢だけが網目から羽を伝わって降りてきて眠っている人のもとに入る」とされる。また、「良い夢は網目の中央にある穴を通って眠っている人に運ばれてくるが、悪夢は網目に引っかかったまま夜明けと共に消え去る」とも言う。 元来の信仰では、悪夢は網の穴を抜けて逃ていき少しも残らない効果がある、とされており、ベッドの上や家の中に掛けることで、夢をふるいにかけるフィルターとしての役割をなすとオジブワ族に信じられてきた。


宗教が混交するセドナ 「アミダバストゥーパtemple」:
あと二時間で夕暮れ!
どうしても今日中に行きたいので頑張ってアミダバストゥーパtempleまで歩くことにしました。 
夕暮れのセドナは赤土が夕日に映えて見事に美しいです。

細い道を登ると可愛らしい仏像があり、立札を頼りにあるいて何とか間に合ってつきました。セドナはあらゆる宗教が混在している不思議な町なのですね。『ひたすら道を求めなさい』と言うありがたーいメッセージも頂戴しました。
IMG_1363.JPG
Morning-Chant-2-372pix.jpg

IMG_1365.JPG

観光客は幸せを祈ってこんな五輪の塔を小石であちこちに作っています。

IMG_1367.JPG

セドナは冬はさすがにコートがいて夜も冷え込みますが、昼間は暑くて半袖Tシャツの方も沢山いらっしゃいます。雨季は雨が多いようですが、セドナは乾季の時期は雨は心配いりません。

さあ、明日は気合をいれてパワースポット巡りです。
パワースポットの影響でしょうか、あれこれ考えているうちに、私は興奮しすぎて朝まで一睡もできなくなったのでした。(続く)

2018年2月12日

アリゾナ州セドナ 『大自然に帰ればいい』 [1]



『rara ブランドジュエリー販売のお知らせ』

圧倒的な存在感と高級感でジュエリーの枠を超えたエネルギーを放っています。宇宙の還元法則メビウスを現す「プレーンリング」が大好評です!!
 画像をクリックして詳細をご覧ください。
top3_rara.jpg

昨年の年末にセドナに行ってきました。パワースポットを幾つか巡ったせいでしょうか、日本に帰ってきましたら急に生活の時間が狂ってしまい時間と空間が壊れたような日々となりました。
(要するに猛烈に仕事や勉強のやる気が出てきたのですね。)

時間と空間のシガラミ(鉄鎖)が壊されたら、自由な発想が生まれ、新鮮な気持ちでスタートすることができましたよ。

人間というのはいつかそのしがらみやこだわりに気づいて、自分自身で鉄鎖を壊す日が来るのでしょう。

セドナの赤い石は第一チャクラ(ベースチャクラ)にエネルギーが働きかけると聞いたことがありますけれども、だからこんなにやる気と申しますか、活力が溢れ出したのかなぁ。。。

ともあれネイティブアメリカンの精神とは「自分に正直に生きる」だそうですから、これで良いというこですね。

IMG_1436.JPG
◎◎12/27 初日◎◎
成田からユナイテッド航空で約10時間。
飛行機の窓からコロラド州の雪景色の大地が見えてきました。
デンバー国際空港は国内線のトランジット空港ですが、空港の中はネイティブアメリカンの写真が通路にずらり。アメリカ先住民の歴史を大切にする都市なのですね。
デンバー空港はアメリカで10本の指に入る美しい空港だそうです。
もうすぐフェニックスです!

child.jpg
IMG_1234.JPG

アリゾナ州フェニックスには夕方の18時頃つきました。
そのあとシャトルバスで3時間ほど暗闇を移動。

今思いますと、この暗闇の移動時間は異次元空間への旅へのスタートか???(笑)
まるで不思議な気持ちに包まれます。
シャトルバスは予定通り私の宿泊先のハーモニーハウスで前で降ろしてくれました。

ちなみに私の泊まりましたハーモニーハウスさんのマントラルームは、入ってビックリ!!
ネイティヴアメリカンの精霊ココペリやオームマントラが壁に飾られ、動物のモチーフ、お香の香りタップリ。。
素敵なお部屋に大満足するとともに、お恥ずかしいですが、日本に帰ったら自宅の部屋を断舎利・改造して「ネイティブアメリカンルームにする!」って決意した次第でした。

IMG_1246.JPG

IMG_1247.JPG

何より素敵だったのはセドナの夜のイルミネーション。ウェストセドナの民家やお店、樹木は美しいライトをまとって幻想的で魔法の国みたいです。しかも夜空を見上げると、吸いこまれるような満天の星空。いつまでも滞在したくなる不思議な空間です。さすが『全米で1番美しい町』でしたよ。

IMG_1572.JPG

IMG_1574.JPG
その日は夕食を食べ損ねたのですが、幸いサークルKが開いておりまして、ミネラル水とパンを買いました。このド派手なアメリカらしいパンの中身はチョコレートです。
明日はグランドキャニオンツアー。楽しみでワクワクしています♪

IMG_1257.JPG