2016年5月 8日

ラベンダー

伝統的にハーブとして古代エジプト、ギリシャ、ローマ、アラビア、ヨーロッパなどで薬や調理に利用され、芳香植物としてその香りが活用されてきた。
ラベンダーはシソ科の背丈の低い常緑樹であり、ハーブ、アロマセラピー、観賞用にされる。春に紫や白、ピンク色の花を咲かせる。紫色の花がもっともポピュラーであり、ラベンダー色とは薄紫色を意味する。原産は地中海沿岸といわれる。

通称コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダー、オールドイングリッシュ・ラベンダー、トゥルーラベンダー、真正ラベンダー。元々はフランスで栽培され始めた。葉は線形で対生し、若い茎では輪生する。葉の色は最初白っぽく、育つにつれ緑色になる。6~7月に、芳香のある青紫色の花を穂状にたくさんつける。

リラックスさせる作用に優れます。不安や緊張を緩め、バランスを保たせてくれます。ストレスが原因の頭痛、めまいや不眠、消化不良や吐き気にもいいです。呼吸器系にも働きます。スキンケアにも有効で、傷の治療や肌トラブルに効果があります。 熱を伴う風邪やインフルエンザの症状には、発汗し熱を下げ、毒素を排出する作用が働きます。

殺菌作用があるので風邪や細菌感染の予防など、免疫力を高める働きや、デオドラント効果や消毒作用などの効果があります。

[香り]
ウッディーでフローラルな、くっきりした香り。

[相性のいい精油]
オレンジ、カモミール、クラリセージ

名前:ラベンダー
学名:Lavandula angustifolia
科名:シソ科
使用部位:花
注意事項:特になし
味:甘みがあり、すがすがしい花の香り
成分:フラボノイド、タンニン、クマリン、精油
ジェンダー:男性
惑星:水星
四大元素:風

体への効能
鎮静作用
鎮痙作用
抗菌作用
鎮痛作用
安眠作用
駆風作用
抗うつ作用
神経強壮作用
肌への効能
創傷治癒作用
その他
防腐作用
殺菌作用


◎今年は西葛西荒川河川敷でラベンダーが沢山生えており、
早速家で乾燥させ、ポプリにしてみようと思います♪

rv02.jpg
rv01.jpg

2015年7月20日

レモングラス

個人的に大変好きなオイルのひとつです。天然石の「タイガーアイ」と相性が良いみたいです。

タイガーアイに数的精油を垂らしてみてください。すっきりした香りと共に仕事に夢にバリバリ活躍したくなることでしょう!


南インド、スリランカ、東南アジアに多く生息する。高さが1,5メートルほどになり、細長い1メートルにもなる葉をつける。 レモンの香味成分であるシトラールを含有しているため、レモンのようなフレッシュな風味がある。乾燥させて粉末にしたり、あるいは生のまま使用される。主な使用法はハーブティ、スープ、カレーで、鳥肉や魚、シーフードともよく合う。精油は世界中で多く利用されていて、香料として食品、香水に利用される。精油を使った療法・アロマテラピーに用いられるが、潜在的な皮膚感作性が他の精油よりはるかに大きく、使用する利点もないため、マッサージなど外用は行われない。



c00418.jpg

精油の芳香には、人の脳を刺激する作用があり、控えめになら芳香をアロマテラピーに利用することもできる。
オガルカヤ属には50種以上の種がある。本種はおそらくマレーシア原産であり、イーストインディアン・レモングラス(C. flexuosus)はインド、スリランカ、ミャンマー、タイ原産である。本種のほうが料理に適している。また、インドでは、伝統医学・アーユルヴェーダで、伝染病、発熱、鎮静剤、殺虫剤として用いられたり、香料として使われる。

自信喪失、人に振り回される。そういった自分自身の強い気持ちを失いがちなときには、活気を取り戻してくれる効能あり。他にも精神的な疲労の回復と共に、生気をもたらし適度な緊張感を持続できますので、車の運転前に利用すると効果的。

レモングラスのアロマオイルは消化促進を行うことで消化不良や食欲の不振を改善してくれます。消化器官の正常化によって、結果的に体力の回復と強壮作用をもたらすのでハーブティなどの日常的に取り入れることがお勧めです。

 

レモングラス 製油

http://store.shopping.yahoo.co.jp/milkyway-powerstone/08-449-3150-2.html

 

レモングラス ハーブリーフ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/milkyway-powerstone/01-646-4020.html

 

2015年6月14日

カモミール


<歴史> 

今から4千年以上前のバビロニアですでに薬草として用いられていたと言われ、ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされている。日本には19世紀の初めにオランダから渡来し、その後鳥取や岡山などで栽培が始められた。 

kamomiru-thumb-1000xauto-15498.jpg
 <性状> 

ヨーロッパから西アジアにかけて分布し、草丈60cmくらいになる。葉は羽状複葉で、春先に、中心の管状花が黄色で、舌状花が白い直径3cmくらいの頭花を多数咲かせる。花にリンゴに似た特有の強い香りがある。 

 <利用法> 

安全で効果的なハーブとして、古くからヨーロッパ、アラビアで利用された。中世までは特にフランスなどで薬草として用いられ、健胃・発汗・消炎作用があるとして、婦人病などに用いられていた。ハーブ処方の古典、バンクスの本草書には、肝臓の痛み、頭痛、偏頭痛などに効能があり、ワインと共に飲むと良いと書かれている。なお、カモミールに含まれるルテオリン及び赤ワインに含まれるプロシアニジンには、どちらもエンドセリンの阻害作用が存在する。 現在は主に安眠・リラックス作用を目当てに、乾燥花にお湯を注ぎハーブティーとして飲む。複数の似た薬効のハーブをブレンドして飲むこともあり、近年は自家製オリジナルブレンド品を販売する専門店も増えてきており、紅茶葉などとブレンドしたハーブティーも市販されている。こうした飲み方は基本的には漢方薬の煎じたものと同一であり、東西を分けて同じ時代に発展してきたものでもある。 

 【学 名】 Matricaria recutita 
 【種 類】 一年草・多年草 
 【草 丈】 40cm~100cm 
 【原産地】 ヨーロッパ 
 【分 類】 キク科・カミツレ属 
 【別 名】 カミツレ、カミルレ、カモマイル


カモミールジャーマン お買い得です